二つに分割しないと、抜けない歯もあります
 二十代のこの若い女性の左下の智歯(親知らず)を見てください。このような形態の歯は抜歯する時に普通に使用するマイナスドライバーのようなヘーベルという外科器具で、いくら歯の周りに挿入して抜こうとしても、びくとも動きません。このような形態の歯牙はきれいに真ん中から分割することによって、比較的容易に抜くことができます。抜歯した後で、口腔内にあった状態に固定して写真をとってみました。三番目と四番目の画像がそうです。このような歯牙はしばしば歯科医師を困らせています。簡単には抜けませんから。
a0124301_13474683.jpg
a0124301_13481277.jpg
a0124301_13483192.jpg
a0124301_13485165.jpg

by tanaka_dental | 2017-02-25 14:01 | 口腔外科