<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
もうすぐX'mas
 もうすぐクリスマスですね。わが家のベランダはもうクリスマスバージョンになっています。シクラメン、ポインセチア、ゴールドクレストの花を並べて、夜になると綺麗にライトアップして楽しんでいます。
a0124301_22582281.jpg

by tanaka_dental | 2009-11-24 23:05 | ガーデニング
上顎7番のサイナスフロアエレベーション
 上の歯もそうですが、下の歯も親知らずの手前の第二大臼歯を歯周病で喪失してしまう人はたくさんおられます。喪失してそのまま放置しておられる方も数多く見受けられます。このような場合に56を土台にして延長型のブリッジにしたりしますが、それがあまり長持ちしないことは素人でも理解できるところです。長期に渡ってしっかりと咬めるようにするのならインプラントがいいですよね。下の最初の画像を見てください。歯周病で第二大臼歯がなくなっています。これではうまく咬めませんから、インプラント治療をすることにしました。歯槽骨が不足しているからまずGBRを行い、骨化するのを待ってサイナスフロアエレベーションをして上顎洞底を上げてインプラントを埋入し同時に追加のGBRを行っています。この患者さんは小太りのメタボリックシンドロームを持った方ですから、サイナスフロアエレベーションは歯槽頂からアプローチするにしてもラテラル(側方)からアプローチするにしても、かなり難しいことは覚悟しなくてはならないでしょう。分厚い頬粘膜の肉を掻き分け掻き分けしながら、手術を行わなくてはなりません。ラテラルの場合は上顎洞内を直接見ることはできませんから、ミラーテクニックを多用しなくてはなりません。ひたすら忍耐です。上顎洞粘膜を傷つけるリスクが高いから十分に注意が必要でしょう。歯槽頂からオステオトームを使用する場合も粗造な造成骨の上から行うため最初のドリリングの位置と方向をしっかりと見極めることが大切です。そのためにはできるだけ正確な外科用のステントを作っておかなくてはなりません。信頼できるステントがあれば、この手術は成功に導くことができます。今から7番単独のインプラント治療の需要はますます大きくなるでしょう。インプラントを志す歯科医師向けのブログになってしまいました。申し訳ないです。
a0124301_11465517.jpg
a0124301_11472434.jpg
a0124301_11475886.jpg

by tanaka_dental | 2009-11-23 12:01 | インプラント
もち吉とあられ
 このたび入ってきた新入りのもち吉です。彼女の名前はあられです。大きな水槽に入れられた一週間は大きな魚達が恐ろしくて水面の方でおとなしくしていましたが、じっくり観察するとここの大きな魚達はどんくさいことがわかってきたので、最近は底の方に行って適当にえさを食べています。大きな金魚の花子やクラウンローチの久米寺弾正(市川海老蔵の歌舞伎に出てくる)が近づいてくると、得意の韋駄天のような逃げ足ですいすいと逃げてやります。彼女のあられとは一日に何回かくるくるダンスをします。ここのご主人に好評です。
a0124301_1223100.jpg
a0124301_124579.jpg

by tanaka_dental | 2009-11-21 01:28 | ペット
根管充填は歯科治療の根幹である
 根管の中を無菌化した後の緊密な根管充填は、やはり歯科治療の中では重要な地位を占めています。画像の中の歯の一番先端の部分の枝分かれした細い側枝の中にも根管充填の材料がきちんと入っているのが、お分かりになりますか。ここまできちんと治療を行えば側枝のすぐ横の黒い暗影の炎症のある部分は次第に治癒していき、今まで炎症を起こして使えなかった歯もまた咬めるようになります。
a0124301_018078.jpg

by tanaka_dental | 2009-11-18 00:37 | 根管充填
GTRって、何?
 歯周病の手術の中で、メンブレインという非吸収性の膜を使う再生医療の事です。組織再生誘導法(guided tissue regeneration:以下GTR法)は、1976年Melcherによる仮説に基づいて開発されました。日本では1992年より認可され、応用されています。以後、より高い予知性を獲得するため、さまざまな材料や方法によるGTR法の改良が報告されています。写真は右下の大臼歯の症例です。
a0124301_19213093.jpg

by tanaka_dental | 2009-11-17 19:29 | 再生医療
長崎県福島でエギング2
 家内はエギングは初めてでしたが、スピニングリールにも慣れてキャスティングも大分うまくなったので、次回が楽しみです。この付近にはアオリイカはいないらしくて、最後まで一匹も釣れませんでしたが、それでも楽しいのはこのポイントの景色が素晴らしいからでしょうか。この初崎灯台周辺は海がきれいで、周辺には釣りのポイントもたくさんあります。 
a0124301_7571950.jpg
a0124301_758085.jpg

by tanaka_dental | 2009-11-03 08:03 | フィッシング
長崎県福島でエギング一
 11月1日の日曜日、私と家内は高速道路に乗って武雄北方インターチェンジで下り伊万里を抜けて、長崎県の福島に渡り突端の初崎公園にアオリイカを釣りに行きました。到着した時は風雨が強くてとても釣りのできる状態ではありませんでしたが、初崎の灯台にはすでに男性二人が竿を出して黙々と雨の中クロ釣りをしていました。私たちが車の中でなかばあきらめて、二時間程待っていると、嘘のように次第に雨が上がり風もおさまったのでようやく竿を出すことができました。アオリイカのエギングは(魚の形をした餌木をルアーのように投げて海中に沈め、それを引きながらイカを誘って釣りあげます)この場所では初めてでした。
a0124301_7231661.jpg
a0124301_723498.jpg

by tanaka_dental | 2009-11-03 07:30 | フィッシング