<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
おつくりを作るのはオペに似ています
 四月二十九日の祝日は天気に恵まれて、知人としっしょにボートフィッシングに行きました。当初は小呂島の周辺でヒラマサを釣る予定でしたが、波が高めでうねりがあるために、博多湾の湾内でスズキ釣りをすることにしました。ルアーを使って、スズキを五匹とヒラメを一尾釣りました。血抜きを十分に行ってからクーラーで冷やして自宅に持ち帰りました。持ち帰ったスズキをさばくことになりましたが、今回は今までよりも美味しく食べたくて、料理するための包丁やまな板やうろこ取りや骨を抜く器具なども十分に洗剤で洗い除菌を行いました。骨や硬いヒレを切る時に使うゴムハンマーも洗剤を使って綺麗に洗い除菌を十分に行いました。清潔なタオルを何枚も使って、出刃包丁を何度も拭きながら魚を三枚に下ろし、内臓を綺麗に取り除いて、下ろした切り身を柳葉包丁を用いて皮を綺麗に引き取り、刺身にして皿に盛り付けました。残りのアラを出刃包丁とハンマーで食べやすい大きさに切り分けました。スズキのヒレや鰓は鋭くとがっているために、油断するとすぐに指先を傷つけてしまいます。そこで医院内で使っている治療用のゴム手袋を使いました。魚をさばいている時に感じたことは、これは自分がいつもやっている口腔内のオペに似ているということでした。再生医療やインプラントのオペの時も手術台や器具の滅菌をするために、二・三時間かけて念入りに行います。手術ではメスや歯肉を綺麗に剥ぐ器具や骨を削ったりする様々な器具を使いますが、サージカルマレットという外科用のハンマーも他の器具同様にオートクレーブ内で滅菌して使用します。今回の料理では、出刃包丁をたたくためのゴムハンマーも洗剤で十分に洗って雑菌が魚の切り身に付かないようにしました。
 そうして出来上がった刺身とカルパッチョとあら炊きとお吸い物は、なかなかのお味で美味しくいただくことが出来ました。海の恵みに感謝感謝です。
a0124301_18585484.jpg
a0124301_18592294.jpg
a0124301_18593945.jpg

by tanaka_dental | 2011-04-30 19:44 | フィッシング
ここまで可能になった、咬合機能の回復
 再生医療やインプラントの治療を行っていると、信頼するテクニシャン(技工師)の製作した技工物を患者さんに装着して時々はっと驚くことがあります。この患者さんのカスタムアバットメント(円筒状の金属部分)をよく見てください。感心する位完璧に美しく作られています。素材は人体に最も親和性のある白金加金です。このカスタムアバットメントの下には、長さ14ミリメートルの強力なインプラントが入っています。その周囲のピンク色の歯肉をご覧になってください。とても、75才の歯茎とは思えないでしょう。この上に被せ物の歯が入れば、どんなものでも思いっきり咬むことができるでしょう。人の歯も臓器ですから、インプラントは人工の臓器なのです。これ程完璧な人工臓器は他にありません。人間が作った心臓や腎臓もまだまだ未熟な存在なのです。かけがいのない歯を喪失しても、ここまで完全に回復できることは、我々歯科医師の大きな喜びなのです。
a0124301_1993963.jpg

by tanaka_dental | 2011-04-08 19:18 | インプラント
上顎の骨再生の難症例
 この患者さんの場合は、上顎の臼歯部に長い間部分入れ歯を使用しておられて、その金具を掛けていた大臼歯が動揺して抜け落ちてしまったために、その歯の周囲の骨はとても薄い状態になっていました。厚さが二、三ミリメートルしかなかったのです。しかもその骨の形状はでこぼこしていて複雑な形をしていました。さらに上顎洞の粘膜は肥厚が著しくて、洞内の大半が浸潤性の肥厚で満たされていました。このようなケースでは、当然のことながら、洞の粘膜を大きく挙上することはできません。挙上できるとすれば、歯槽頂部を少し上げる位でしょう。この薄い骨にインプラントを何とか埋入するには、垂直方向に骨を造成しなくてはならないでしょう。一枚目の画像を見ると、ここの骨がどんなに薄いかお分かりになるでしょう。二枚目の画像は、この骨にサイナスエレベーションを行って骨を作り、さらにGBRを行って、どうにか骨の厚みを八ミリメートルくらいまで増やした状態を映したものです。これはかなり難度の高い症例です。
a0124301_1127287.jpg
a0124301_11274242.jpg

by tanaka_dental | 2011-04-08 12:34 | 再生医療