<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
すばらしいインプラントによる修復
 最初の写真をご覧になって下さい。ここまで自分の歯を喪失してしまったら、人生は何と空しい夢のないものになってしまうことでしょう。いくつかの他の歯科医院を訪ねられたのですが、この上顎のインプラントの治療は難しいと断られて、私の歯科医院に来院されました。そして患者さんのお口の中の健康に対する熱意が、次の画像に見られるような素晴らしいインプラント治療を現実のものにしていきました。患者さんの協力と歯科医師の様々な努力によって、骨の厚さが1mmから2mm位しかなかった上顎の骨をどうにかインプラントを植立できる厚さまで再生していき、ついに前歯部から臼歯部までの全部の歯牙をインプラントによって修復することができました。歯槽骨の欠損部に数回にわたり垂直的また水平的なGBR(骨造成)を行い、上顎洞の粘膜の肥厚が大きく一般的なサイナスリフトは不可能であったために、歯槽骨の骨頂からのアプローチにより正に奇跡的な新生骨の造成に成功した症例です。患者さんの熱意と当医院の努力の賜物です。
a0124301_1733244.jpg
a0124301_1741278.jpg
a0124301_1743295.jpg

by tanaka_dental | 2012-03-31 17:51 | インプラント
14年目のインプラントです
 このインプラントは旧タイプのブレードインプラントですが、14年目を迎えました。今まで何のトラブルもなく、現在も十分に機能し続けています。連結している天然歯の歯周組織の状態も良好です。今ではほとんど使用されなくなったインプラントですが、ここまで長持ちすると、これを開発された歯科医学者の先生方をあらためて尊敬してしまいます。10年以上の間、No troubleというのは、素晴らしいことなのです。私の患者さんの中で、このタイプのインプラントの最長の症例は23年ですが、これも今でも機能し続けています。二枚目のレントゲンの画像で見るとお分かりになると思いますが、骨の中には比較的大きなインプラントの本体が入っています。最近の若い歯科医師は、こんな大きなインプラントをどうやって硬い骨の中に埋め込むのですかと不思議がりますが、確かに昔のインプラント手術の方が技術的には難度が高かったかもしれませんね。
a0124301_1142147.jpg
a0124301_1144383.jpg

by tanaka_dental | 2012-03-31 01:24 | インプラント