メデューサ号の筏 【歯界時報 2001年8月 No.556】
a0124301_1714537.jpg

1819年画家ジェリコーによって描かれた波間に漂うあの筏の絵を中学高校の頃から何回目にしたことだろう。しかしこの筏に描かれた人々がどういう人達なのか長い間何も知らずにいた。
 最近になってジェリコーがこの絵に中に何を描いたのかを知ることが出来た。無知であったことを恥ずかしいと思うと同時に、深い感銘を受けた。
 ナポレオンがワーテルローの戦いに敗れて、セント・ヘレナ島へ流された1816年、フランスは新植民地セネガルへ移民団を送り込むことになった。軍艦メデューサ号に乗せられた移民三百数十名は、数十名の将兵に守られて一路セネガル目指して出発した。ところが、出船して十数日経った頃、本土から遠く離れた海の上で、突然兵の指揮官は移民団全員を甲板に集めて、「諸君はセネガルへの移民を信じてこの艦に乗ったと思うが、我々の目的は違う。我々はこの艦をセント・ヘレナへ向けるのだ。あの島で今捕らわれの身となっている先帝ナポレオンを何としてでも救い出さねばならない。今から直ちに我々の命令通りに動いてもらう」と言い出したのである。
 進路は一路南方セント・ヘレナへ向けられた。
 業を煮やした移民団の人々は、赤道祭りの日、酔いつぶれた兵士達に襲い掛かり縛り上げてしまう。しかし、船は暗礁に乗り上げて難破し海水が入ってきた。人々は数隻の救命艇に乗ったが、149名の人々は艦の破片で筏を作り、アフリカ西海岸まで引いてもらった。
 しかし、潮の流れが強く重い筏を引っ張っている救命艇は必死に漕ぐのだが、沖のほうに流されてしまう。
「これではだめだ。共倒れになってしまうぞ。そうだ、筏は見殺しにして、ロープを切り放してしまえ・・・・」
 身軽になった救命艇は潮流を乗り越えてアフリカ西海岸に向かった。
 一方筏に取り残された人々は洋上遙かに漂いながら、二人、三人とつぎつぎに死んでいった。12日間漂流した末、アルギュス号に発見された時、生き残っていたのはわずか15人であった。
 この筏をキャンバスに書き残したのがジェリコーだったのである。
# by tanaka_dental | 2001-08-01 17:14 | コラム
体験悟性 【歯界時報 2000年6月 No.542】
a0124301_17123543.jpg

学生達が、マルクス・レーニン主義を掲げて騒いでいた頃、カントの純粋理性批判のような偉大な書物をがらくたのように謗ったレーニンの態度が私はたいそう嫌いであった。レーニンのような唯物史観では、私の好きな俳人松尾芭蕉の人間性など正当に位置づける事はできない。
 このような人間が作った国が長続きするはずがないと思っていたが、この大国は自ら崩壊し消滅していった。幸いなことであった。
 カントやヘーゲルの事を考えていた頃、私は体験悟性という言葉をよく使った。ア・プリオリな体験悟性は人間形成のうえで大きな役割をしているという事である。
 例えば、虫をつかまえて遊ぶ子供を考えてみる。子供は不用意に虫を傷つけやがて殺してしまう。そしてその虫の軀(むくろ)を見ながら子供は自分のしたことを知るのである。
 このような体験悟性を蓄積して、子供は基本的な人間性を獲得するのである。だから、一人の人間が出来上がるために、その何千倍何万倍もの虫や鳥や獣が存在していなければならないのである。
 この間、高校生の老婆殺害事件が起こった。
 この生徒は人を殺す経験がしたかったと悪びれずに言った。この生徒は明らかに体験悟性の形成に大きな欠陥があるのである。
 虫や鳥の姿が消えかかっている大都会で、このような子供は確実に増えていくのである。
# by tanaka_dental | 2001-06-01 17:07 | コラム
鮎の夜釣り 【歯界時報 2000年5月 No.541】

a0124301_1722967.jpg


この不景気に余計なものを書いてくれといわれたので、余計なものを書いてみることにした。
諸兄の中で、鮎の夜釣りのことをご存知の方が何人居られるだろうか。夕暮れになって川の流れに腰まで入って釣るのだから、危険を伴う釣りでもある。私はライフ・ジャケットを使用しているので、あまり不安はないが。
8月の盆過ぎる頃、日暮れ時に川に入って長い竿を振って、仕掛けと錘をなるべく静かに入れて竿先をゆっくり水平に動かすと、水中の石の上を算盤の玉の形の錘がコンコンと転がっていくのが竿先から伝わってくる。突然ググゥッと強烈な引きに襲われて両足で立っていられなくなる。仕掛けには30センチおきに針が5つ付いているが、この仕掛けに一尺近い大鮎が急流の中で2匹、3匹と掛かっているのだから、その引きは強烈で空中に張った3号の道糸がしばしば泣き声を上げるほどである。下流に引きずられながらリールでじわじわと大鮎を引き寄せている間も、暗い流れの中に道糸は突き刺さったままでなかなか魚は浮いてこないのである。やっと2メートル程まで引き寄せてから、タモ網に入れるために頭に付けているヘッドランプを点ける。ライトを点けると周りにいた3センチくらいの羽虫がいっせいにライトに集まってくる。羽虫は首の周りや顔にまとわりついてくる。それを手で払いながら、やっと天然の大鮎の美しく艶かしい姿を水面下で拝むことが出来るのである。光に当てられた白い見事な大鮎を、竿を頭上で満月にしならせながら、グィグィと引き寄せて良しというところでタモ網に入れようとする。しかし鮎はなかなか網には入ろうとせず体をそらせて逃げてしまう。そして釣り糸をつけたまま、太公望の周りをぐるぐる回ったりする。そんな事があるのは、掛かった複数の鮎のうちで一番下の鮎が大物である場合である。
そうこうしているうちに鮎は少しづつ弱って、やがて網の中に収まるのである。これが筑紫次郎の鮎の夜釣りである。さて、この鮎つりには怖い話が2つ程あるのである。まずその一つを話してみよう。

a0124301_173413.jpg


7年ほど前のある夏の宵の事である。空はやや曇りがちで月も星も見ることができなかった。川面を渡る風が時折強く吹いて葦の葉を鳴らしている。宵の口には3,4人程いた釣り人も10時を回ると一人また一人と姿が見えなくなった。11時近くになると私のほかは誰もいなくなっていた。
鮎のあたりは、夕暮れが一番よくて、8時近くになるとぱったりとあたりが遠のいてしまう。そして2,3時間してまたばたばたと掛かりだす。その日は、11時過ぎになってあたりが出始めた。それから小一時間夢中になって釣って、重くなった鮎舟を持って、葦の叢のそばを、胸につけている小さなライトを頼りにして、車を置いている岸の方に歩き出した。このうっそうとした葦の叢の中で見るものは、気味の悪いものが多い。魚の死骸、マムシやヤマカガシなどの蛇、イタチ、洪水が運んできた大木、ライトに群がってくるたくさんの羽虫、時折響いてくる鳥のような不気味な低い声、珍しい甲虫類、ジャンボタニシの紅い分厚い卵、逃げようとしない糸トンボの群れ、歩いてる水の中も、大水や洪水の後に入ってみると変化していることに驚く。急に深くなった場所があったり、今まで何もなかった水底に腰まである大きな岩が沈んでいたりする。水の仕業なのである。水が上流から運んできたのである。
 流れが大きく蛇行していて、その外側の流れが緩やかになった広い淵のようなところに差し掛かった。風が吹いて葦の葉の音がしている。ここの水底は泥が深くて、ぬかりこむので急いで歩こうとしても急ぐことはできない。泥にぬかりこんで思うように動けないのである。薄暗い水の流れの中を一歩一歩歩いていくと泥の深さが次第に浅くなっていく。ここの水の流れは、本流の方向とは逆に流れている。大きく蛇行しているので岸辺近くの水の上層は上流の方へ流れているのである。
ぬかるみから抜け出そうとしたとき、叢の中で何かが動いた。赤い何かである。なんとその目が五つ、六つ、いや八つもあるではないか。
一瞬私は自分の目を疑った。真っ暗な叢の中からいくつもの赤い目がこちらを睨んでいるのだ。私の体は本能的に立ちすくんだ。そして、瞬き一つせずに赤い目を見続けた。
「なんだ、お前は」・・・・・。私の心の中に、力強い言葉が沸いてきた。
「・・・・いったい、お前は何なんだ」、勇気を奮い起こして、私は叢の方に前進する。
一歩、一歩、赤い恐ろしい目が近くなってくる。鋭く光っていて、上下左右に自在に動いている不気味な赤い目・・・・・・私は深呼吸して、ペンライトで叢を照らした。小さな頭が二つ動いてるのが見えた。・・・・・そして判った。私は嬉々として笑った。
八つ目の正体、それは狸の4匹の家族だったのだ。川岸には、釣り人が捨てていったウグイやオイカワなどの魚が落ちている。それを釣り人のいなくなるこの時間に漁りに来ていたのだ。狸の親子はしばらく私の様子を窺っていたが、やがて魚をくわえて叢の奥へ消えていった。
狸がいなくなるのを見届けた後、やさしい月の光に照らし出された川面を眺めながら意気揚々として帰っていったのだった。


翌年の7月半ばのことである。私の鮎釣りの師匠でO氏という58歳の人がいる。O氏は、定年で退職した後、毎日のように魚釣りや山菜とりをして人生を楽しんでいる。
その日、私は朝5時に目が醒めたので、朝の涼しい時間を鮎釣りでつぶそうと思って川原を車で走った。川原に来てみると、O氏の白い車が来ている。
美しい朝ぼらけの下で川はとうとうと流れている。しばらくしてO氏が上流から下りてきた。
「いやまいった。夜明け近くに来て見ると、薄暗い川の中から人の声がするとよ。『助けてくれ』『助けてくれ』って、小さい声がしているとよ。そこで川の中をよくみてみると、岸から10メートル位の瀬の中に頭半分でとる。そこから『助けてくれ』『助けてくれ』と、蚊の鳴くような声がするわけたい。それでびっくりして、駆け寄ってみると、どうも足を投げ網にとられとるらしいとたい。慌てて車の中にあった鉄のギャフで網を引き上げたら足がようやく外れてね。岸につれていってたいがい水を吐かせたばい。やっと歩けるようになって、さっき帰ってったところたい。いやぁ、もう1時間くらい遅れていたなら命はなかったばい」と言う。
夜中に投げ網をしていて、自分の足を網に絡ませてしまったらしい。あと1時間遅れていたなら命はなかったという。
その日は10時ごろから突然雲行きが怪しくなって、雷鳴がし始めた。鮎釣り人にとって雷ほど怖いものはない。10メートルもの長いカーボン竿を手で持っているのである。竿に雷が落ちてきたなら即死である。雨が地面を叩き出した。私とO氏は、車のハッチバックを上げて雨宿りをしている。雷は激しさをましてあたりに轟いている。
「うん、雷はこっちに行きよるでしょうが」と言って、O氏は山の方を指差す。「あの耳納連山の斜面に沿って西に行って南の方に抜けたら、もう大丈夫ですたい」O氏の言うとおり雷は耳納連山の斜面を西南のほうに移動しながら、八女の方へ遠ざかっていった。しかし、どしゃ降りの雨はなかなかやみそうにない。川は白く濁りが入って水位が見る見る高くなってきた。流れはどんどん勢いを増していく。こうなると釣りにはならない。魚たちはどこかに避難していなくなってしまう。勢いのついた川の水はちぎれた水草や木切れや川原のごみを流し出す。それから私たちは釣りを諦めて帰っていった。

a0124301_1735852.jpg


それから1ヶ月程した、風のない蒸し暑い宵の事である。
月は雲の中に時々隠れてあたりは重たい闇に包まれる。釣り人はまばらで、私の下手の方に一人立っているくらいであった。時々、暗い川面に伸ばした竿が強い引きに襲われるが、水飛沫を見せて上がってくるのは34,5センチもある大きなウグイであった。夏場のウグイは味が悪く食には向かない。釣れてくるのはウグイばかりでなかなか鮎が掛からない。また掛かってきた。強い引きに抵抗しながら下の方へ歩いていく。、グィグィとくる小気味の良さ、浮いてきたのは白い艶かしい良形の鮎だった。それから2時間ほど粘って3匹、釣り足した。持ってきた弁当を食べて缶コーヒーを飲んで一服する。
もうその頃は11時を過ぎていた。暗い闇の下で静まる川面は人の目が馴染んで来ると意外に明るく見えたりする。ほんのわずかな月の光でも川はその姿をありありと見せることがある。風がなく川面が鏡の様であればことさらそうである。こんな夜はあたりのすべてが明るんで心は大胆になる。周りに誰も居ないのに怖さを忘れてまるでおとぎばなしの世界に迷い込んだ気分になる。白くどこまでも続く水の中に入ったまま私は釣り続けた。気がついた時にはすでに1時近かった。
風が出始めていた。
何気なく遠くを見た。そして、川面の一点に目が止まった。
やがてそれは今まで感じたことのない恐怖を私の全身にもたらした。それは何と川の深みから現れた女の顔であった。振り乱れた長い髪の女の顔、それは少しずつ私の方に向かってくる。
・・・・・この世のものではない・・・・・この世のものではないものを俺は見ている。・・・・いや、見てしまったのだ・・・・そんな言葉が心に響いてくる。女と私との距離が70メートル程になった・・・・20歳前後の女・・・・白い薄地の物を身につけている。身が凍るほどの恐怖に私はほとんど動けなかった。・・・・・美しく整った顔立ち・・・・それは少しずつ私の方に近づいてくる。・・・・私はここでもうすぐ命が消え果てるのかもしれない・・・・そう、私は感じた。・・・幽体・・・・幽霊・・・未知のもの・・・・目前にあるのが・・・・そうなのだ。
女はわずかに下を見たまま私のほうへ音もなく近寄ってくる。周りを不気味な美しさが支配していた。
身の毛もよだつ戦慄が体中を走る。・・・・逃げようとしてもどうせ逃げられない・・・抵抗しても無駄だ・・・・そんな諦めに似た心境に変化し始めていた。
・・・・・・その時、女の周りが青白く明るくなった。そして、女は頭を低くしてある動作をした。・・・・・・まさか、そんな事が・・・・・信じられない・・・・・私は、信じられなかった。この夜更けに、女が、しかも若い女が、たった一人で・・・・仕掛けた網に掛かった鮎を取りに来ているのだ。
私は、しばらく呆然として見守った。女の周りが青白く明るくなったのは小さなライトのせいだ。女は私から40メートル位はなれたところで、仕掛けた網を調べるために小さなライトを付けたり消したりした。その度に、若い胸元が浮かび上がった。水の中でそれは新鮮な美しさを放っている。
冷静さを取り戻した私は、この天から降りてきたような不思議な女を眺めながら、川を後にした。
「世の中には、不思議なことがある。常識では考えられない不思議なことが」そう心に言い聞かせながら帰途についた。
これは、平成6年、8月筑後川中流、朝倉郡と浮羽郡を結ぶ朝羽大橋の上流であった、本当の話である。
# by tanaka_dental | 2001-05-01 16:53 | コラム