ここまで可能になった、咬合機能の回復
 再生医療やインプラントの治療を行っていると、信頼するテクニシャン(技工師)の製作した技工物を患者さんに装着して時々はっと驚くことがあります。この患者さんのカスタムアバットメント(円筒状の金属部分)をよく見てください。感心する位完璧に美しく作られています。素材は人体に最も親和性のある白金加金です。このカスタムアバットメントの下には、長さ14ミリメートルの強力なインプラントが入っています。その周囲のピンク色の歯肉をご覧になってください。とても、75才の歯茎とは思えないでしょう。この上に被せ物の歯が入れば、どんなものでも思いっきり咬むことができるでしょう。人の歯も臓器ですから、インプラントは人工の臓器なのです。これ程完璧な人工臓器は他にありません。人間が作った心臓や腎臓もまだまだ未熟な存在なのです。かけがいのない歯を喪失しても、ここまで完全に回復できることは、我々歯科医師の大きな喜びなのです。
a0124301_1993963.jpg

by tanaka_dental | 2011-04-08 19:18 | インプラント