ここまで来た、歯科医療
 ある日のこと、中年の女性の患者さんがいらっしゃいました。左側の頬が大きく腫れてしました。口の中を見てみると、左下の奥歯の周りが赤く腫れていて黄色い膿が出ていました。そこでレントゲン写真を撮ってみると、一番奥の歯の根が割れていてその周りがひどく化膿していました。下の最初の写真がそれです。その日は切開をして、膿を出してから、お薬を差し上げました。四、五日して腫れがおさまってから、抜歯をしました。そして歯茎が十分固まってから、GBRのオペを行い骨を再生しました。次の写真がその写真です。白い部分が再生した骨の部分です。GBRから四ヶ月してインプラントを埋入しました。その後三ヶ月してインプラントの上にかぶせ物を作りました。それが最後の写真です。奥歯の根が割れて化膿して顔が腫れてから十ヶ月後に、インプラントによって以前の健康な歯の状態に再生できた。十ヶ月したら元の歯の機能がよみがえった。これが現在の素晴らしい歯科医療なのです。
a0124301_10849.jpg
a0124301_104078.jpg
a0124301_10558.jpg

by tanaka_dental | 2009-10-24 01:21 | 再生医療