これも歯科医師の仕事の一つです
 一本の長い矯正用のワイヤーを様々な矯正用プライヤーを用いて、bending(曲げること)して矯正用の保定装置を作るのも、歯科医師の重要な仕事です。一本の直線のワイヤーを模型の歯型にfitするように巧みに曲げていくと、模型にぴったりの三次元的な造形が出来上がります。最初からうまく作るのは無理ですが、熟練して数を重ねると、驚くほど綺麗に出来るようになります。矯正して綺麗になった歯並びを保つために、この保定装置を夜間に装着することにより、元に戻る事から防ぐことが出来るのです。この装置はHawley type retainerと呼ばれるもので
a0124301_16250283.jpg
、現在でも広く使用されています。
a0124301_16260248.jpg
a0124301_16270364.jpg
a0124301_16281726.jpg
a0124301_16305756.jpg
a0124301_16295097.jpg
a0124301_16325244.jpg



# by tanaka_dental | 2018-07-11 17:00 | 矯正治療
10年経過した単独植立のインプラントです
 単独で埋入されたインプラントは、想定外の様々な応力集中に対して比較的に脆弱であるために、動揺や脱落などのトラブルが発生し易いのは周知の事実です。特に最後臼歯部のインプラントは、咬合状態やインプラント周囲の骨の状態を十分に把握して対処する必要があります。力学的に無理のないバランスの取れたインプラント治療であれば、このケースのように長期間使用しても大丈夫です。人の口腔内は、たった一本の歯がなくなっても、咬合のバランスが壊れてしまい、顎の関節の痛み、偏頭痛、肩こり、首筋のこり、腰痛、背中の痛み、手のしびれ、歯ぎしり、食いしばり、寝起きが悪い、不眠、顔の痙攣、めまい、耳鳴り、難聴、鼻閉塞感、慢性鼻炎、喘息、嘔吐反射、目が疲れやすい、ちかちか眼、流涙、食欲不振、胃腸障害、便秘、高血圧、動悸、湿疹、肌荒れ、生理不順、イライラしやすい、手足が冷える、息切れしやすい、疲れやすい、手が震える、関節のこわばり、足の疲労感などの症状が出たりします。一本の歯が亡くなったら、体全身にいろいろな不定愁訴の症状が起こってくる事を忘れないで下さい。写真のインプラントは、2008年に治療を始めて、ちょうど10年経過した症例です。10年間何の問題なく推移しています。喜ばしいことです。今からも経過観察を続けてい
a0124301_16493836.jpg
く予定です。
a0124301_16502182.jpg
a0124301_17233769.jpg
a0124301_17243709.jpg
a0124301_17253725.jpg
a0124301_17263754.jpg
a0124301_17273764.jpg
a0124301_17284876.jpg
a0124301_17293833.jpg
a0124301_17303885.jpg
a0124301_17314611.jpg

# by tanaka_dental | 2018-03-08 17:41 | インプラント
宮崎県椎葉村ヤマメ釣り 家内が釣った大物の巻
a0124301_21453312.jpg
a0124301_21470660.jpg
a0124301_21500812.jpg


 9月の23日24日の連休は、宮崎県椎葉村にヤマメ釣りに出かけました。いつものように民宿紅葉屋に宿をとり、次の朝は尾前川に杉林から降りて家内と二人で釣り始めました。数日前の大雨のせいで水量が多くて流れも速い状況でした。少し濁りが入った笹濁りの状態で、釣りには絶好の状況でした。釣り始めてしばらくすると、10センチから15センチの山女魚が食いついて来ました。それから3時間くらい釣ってから、民宿で作って貰ったおにぎり弁当を一人で食べていると、目の前で釣っていた家内の竿にググッと大きなあたりが来ました。4,5メートルくらい深い所でその魚は餌のイクラに食いついたようでした。エメラルドグリーンの深みから見えてきたのは大きな山女魚の姿でした。こんな大きな山女魚を釣り上げたのは、家内にとっては初めての事でした。余程嬉しかったらしく何枚もカメラとスマホで写真を撮っていました。それから弁当を食べてから帰る時に、突然目の前に野生の小鹿が現れました。小鹿は驚いて、急な山の斜面を勢い良く駆け上がっていきました。その速いこと速いこと、野性の鹿は凄いですね。4,5年前も、ヤマメ釣りをしていて、大きな鹿に出くわしましたが、その鹿はざぶんざぶんと川の中に入って、下流の方に力強く泳いでいきました。驚きでした。鹿が泳ぐのを見たのは初めての経験でした。
 民宿に戻って、家内の釣ったヤマメの大きさを計ってみると、尺ヤマメ30センチにわずか2センチ足りない、28センチでした。しかし、8メートル近い長竿を使って、これだけの山女を釣り上げたんだから、誉めてあげるべきでしょう。いつものように、小さなヤマメはほとんどリリースして逃がして帰
a0124301_21521327.jpg
途につきました。
a0124301_21535580.jpg
a0124301_21551442.jpg
a0124301_21563690.jpg
a0124301_21574574.jpg
a0124301_21585567.jpg


# by tanaka_dental | 2017-09-30 07:30 | フィッシング
近未来オステオインプラント学会第10回学術大会記念大会
  近未来オステオインプラント学会第10回学術大会記念大会は、7月15日にホテルヒルトン東京お台場にて盛大に行われました。17:30より総会が行われ、18:30より同ホテルの宴会場にて学会員の懇親会が開かれました。北海道支部の先生の司会で和気藹々とした雰囲気の中で、大会会長山道信之先生の古希のお祝いも同時に行われました。ホークスの選手の治療を行っている馬場先生と写真に納まりました。次の日の16日は近くの日本科学未来館の未来館ホールにおいて、9:30より学術大会が行われ、IPOI学術大会の第1回~第3回の最優秀賞受賞者によるPlayback講演が行われました。また新しいタイプのインプラントファインシアの特別講演があり、午後からはシンポジウム(インプラント治療10年の変遷)と題して、様々なパイオニアの先生方によるデイスカッションが行われました。またポスターセッションでも症例発表と自由テーマの発表が行われました。私も福岡支部の代表として、症例発表を行いました。それにより糸瀬会長より感謝状を頂きました。

a0124301_11121128.jpg
a0124301_11152744.jpg
a0124301_11150589.jpg
a0124301_11131897.jpg
a0124301_11154777.jpg
a0124301_11160402.jpg
a0124301_11161335.jpg
a0124301_09524656.jpg



# by tanaka_dental | 2017-08-22 12:18 | 学術大会
うちのペットの金魚・愛花はなかなかの美人さんです

 うちのペットの金魚コメットの愛花はなかなかの美人さんです。買って来た時は5センチ程の小さな金魚でしたが、一年経つと尾びれがすーと伸びて、まるで天女の様な美しい魚になりました。その綺麗な尾びれは長さが10センチメートルほどもあるから驚きです。私は色々な熱帯魚や金魚を飼育して来ましたが、これ程優雅な金魚は初めてです。隣の和金は5歳くらいになりますが、この

a0124301_11041959.jpg
a0124301_11023636.jpg

a0124301_11030118.jpg

a0124301_11032983.jpg

a0124301_11035430.jpg
二匹はとても仲が良いです。


# by tanaka_dental | 2017-05-26 11:26 | ペット